~【特集】全てのお母さまへ~
アトピー、食物アレルギー、喘息から子供を守る

倉敷市の助産院一覧

藤原助産院 – 倉敷市
診療科目
母乳外来
マッサージ
 
住所 岡山県倉敷市児島味野 1丁目 13番 18号
アクセス
電話番号 086-472-3771
診療時間
ホームページ
ホームページはこちら>>
備考 【ホームページより抜粋】

上手に吸いつけない・乳房にしこりがある・分泌不足感・断乳の時など電話でご予約ください

倉敷マタニティサービス かねこ助産院 ~岡山市
診療科目
分娩
母乳外来
マッサージ
 
出張訪問
育児相談
更年期相談
住所 岡山県倉敷市広江8丁目18-1
アクセス
電話番号 (086)456-8722
診療時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00
訪問 月 木
ホームページ
ホームページはこちら>>
備考 【ホームページより抜粋】

赤ちゃんのよろこぶ、おいしいおっぱいが
たくさん出るようにお手伝い致します。

産後ケアセンターたんぽぽ助産院
診療科目
分娩
母乳外来
マッサージ
 
出張訪問
育児相談
住所 倉敷市中帯江 24-11
アクセス セブンイレブン中帯江店むかい
電話番号 090-5373-8688
診療時間 平日 9:00 - 17:00
日・祝祭日 9:30 - 17:00
休診日 第1・3・5日曜日午後、第2・4日曜日、お盆、お正月 ※臨時休業有

完全予約制
ホームページ
ホームページはこちら>>
備考 【ホームページより抜粋】

お産は自然に、母乳育児で楽しく、笑顔で!妊娠、出産、産後ケア、おっぱいケア、子育て応援しています。

 

花田助産院 – 倉敷市
診療科目
分娩
母乳外来
マッサージ
 
出張訪問
育児相談
住所 倉敷市真備町川辺98-1
アクセス <JR> 岡山駅から伯備線(高梁・新見方面)に乗車して約20分
清音駅下車・・・徒歩にて約15分、タクシーで約5分
<高速> 岡山総社インターを出て 清音?真備町方面へ進んで真備町川辺へ入る 約20分
電話番号 086-698-6030
診療時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00 (診療時間外も対応しています。お電話下さい)
休日:日曜・祝日

予約制です。お電話でお問い合わせ下さい。
ホームページ
ホームページはこちら>>
備考 【ホームページより抜粋】

寄り添いながら家庭づくりをお手伝いします。離乳食教室・幼児食教室を開催しています

さくらんぼ助産院 ~倉敷市
住所 倉敷市水島南春日町2番28号
電話番号 TEL:086-448-1103
ホームページは不明です
母と子の健康相談室 ~倉敷市
住所 倉敷市真備町箭田696-88
電話番号 TEL:086-698-7603
ホームページは不明です
おがわ助産院 ~倉敷市
住所 倉敷市帯高424-4
電話番号 TEL:090-4899-5833
ホームページは不明です
ノノハナ母乳育児相談室 ~倉敷市
住所 倉敷市水江1-43エステート・ピア105号室
電話番号 TEL:086-466-1874
ホームページは不明です

主なエリアで絞り込む


ホームへ戻る

倉敷市内にある、産後ケアができる助産院をご紹介しています。
おっぱいが痛い、母乳が出ない、母乳育児の悩み、など母乳で赤ちゃんを育てるお母様には沢山の悩みや疑問がつきものです。
そのような悩みやトラブル、どこに相談してよいかわかりますか?
産婦人科で出産をしたお母様の多くは、母乳の悩みを助産院がサポートしてくれることを知りません。
すまいるママは助産院の役割をもっと広くお母様に知ってもらうために、母乳育児やおっぱいのトラブル、助産院に関するコラムを書き綴りながら、全国の母乳相談・母乳外来ができる助産院をご紹介しています。

育児お悩みコラム

助産院と産婦人科
今さらだけど、助産院ってどんなとこななのかよくわからないんですよ。
産婦人科なら、病院のイメージがわくんだけど、、、
助産院のイメージって昔で言う”産婆さん”が出産のときにタライと手拭持ってやってくるようなイメージなんですけど。
笑 笑 笑 笑 笑タライと手拭はさすがにないんだけどね・・・・(^^;)
助産師っていう意味では、そう、昔は産婆さんって言っていた職業で当たっている感じですね。

今はインターネットで「助産院と産婦人科の違い」なんてキーワードで検索すると沢山の情報が出ています。
それらはほぼ同じような内容なんだけど、ここでもその違いに触れて助産院のことを少しお話しますね。

助産院と産婦人科の一番の違いは、医療行為が出来るか出来ないかなんです。

(さらに…)

記事を読む

はじめまして!現在妊娠6ヵ月、3歳男児の母です?

初めまして

現在妊娠中の3歳男児の母、Iです(*´∀`)

日々、仕事に育児に忙しい毎日です。

 

二人目の妊娠を機に、「そういえばこんなことがあったな」という記憶を辿り日記をつけていくことにしました?

 

初心忘れるべからず

息子を産んでからというもの、「子育ての大変さ」に日々大慌て。

様々な本やウェブサイトを読み漁り…それでも答えが見えず( °_° )!!

 

そもそも「どれが正しいのか」が分からないほど、情報に溢れていました。

 

実体験を元に、少しでも何か感じていただけるものを発信していけたらなと思います???

 

それにしても、「二人目だから余裕?」にはちっともなりません_(:3」∠)_

 

上の子を育てながら、下の子のお世話をする…

未知の世界です?!!

このお兄ちゃんが、どこまで私を支えてくれるかにかかっています(笑)

 

皆さま、これから宜しくお願いします????

 

可愛くて、便利な
ママと赤ちゃんのためのグッズ色々!



記事を読む

全てのコラムを見る

赤ちゃんのスキンケアとアレルギー