赤ちゃんのスキンケア~アレルギーの原因は肌の乾燥だった!
「アレルギーは体質だから、発症するもしないも神だのみ」と考えていませんか?
最新の研究では、肌の乾燥が全てのアレルギーを引き起こす原因にもなっていることが分かってきました。

赤ちゃんの肌って、何にもしなくてもスベスベ・モチモチでうらやましい!
・・・と、ただ眺めているだけだと大変なことになる危険性が大きいのです。

確かに赤ちゃんの肌は瑞々しいのですが、同時に赤ちゃんはとっても皮膚が薄く抵抗力もありません。
そして肌が乾燥すると皮膚バリヤー機能が低下し、本来入ってくるはずのないアレルゲン(アレルギーを引き起こす要因になる物質)が侵入してくるのです

そして・・

皮膚のアレルギーが、後に『気管支喘息』や『食物アレルギー』まで引き起こしてしまう!

と言うことなのです。
これは、近年の研究で国立成育センターや日本助産師会からアナウンスされ始めている重大な発表です。

でもどうして肌の乾燥が食物アレルギーや気管支喘息まで関係するのでしょう??

不思議ですよね。

それはアレルギーマーチのせいなのです。

アレルギーマーチとは、一つのアレルギー反応が、体の成長とともに次々違うアレルギー反応を引き起こしてしまうことを言います。

赤ちゃんの皮膚は皮脂膜が作られにくいので、すぐに水分が蒸発し乾燥します。

皮膚が乾燥するとバリヤ機能が低下し、湿疹やアトピー性皮膚炎を発症しやすくなります。

そして研究や統計の結果、その湿疹部位から入ったアレルゲンが、このアレルギーマーチの起点となることが判明しました。
アトピー性皮膚炎と卵アレルギーの関連も確認されています。

アレルギー反応のメカニズム ›

アレルギーマーチについて ›

逆に

アレルギーを引き起こす体質でも、乳幼児の頃にしっかりとしたスキンケアを行いアレルゲンの侵入を防いであげれば、発症のリスクが抑えられると言う事になります。

こうした研究結果を踏まえて、日本助産師会をはじめ各機関で、赤ちゃんの肌の保湿の重要性が大々的に取り上げられてきています。

もちろんアレルギーはもともとの体質が大きくかかわってきます。
同じ肌の状態でも、その後アレルギーに悩む子もいればそうでない子もいます。
ただ、肌の乾燥が様々なアレルギーにリスキーであることは間違いありません。
特にご自身や兄弟にアレルギー体質があり、遺伝の可能性が心配なお母様はアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息などになるリスクを少しでも軽減するために、赤ちゃんのスキンケアに興味を持っていただければと願います。

それでは、具体的にはどのようなものを使って、どのような方法でケアすればよいのか・・・
次の記事から順番にご説明してまいります。

 

次の記事: 正しい沐浴

母乳トラブル解消アイテム
母乳トラブル解消アイテム