~【特集】全てのお母さまへ~
アトピー、食物アレルギー、喘息から子供を守る

大阪市の助産院一覧

あいっこ助産院 – 大阪市
診療科目
分娩
母乳外来
マッサージ
 
育児相談
住所 大阪市住吉区墨江1ー2-22
アクセス 南海高野線 住吉東駅から南に徒歩5分
阪界線 細井川駅から東に徒歩5分
市バス 千躰から西に徒歩5分。墨江1から信号渡り北にすぐ
電話番号 090-2288-0337
診療時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00
土曜午後 日曜 休み
完全予約にて行っております
ホームページ
ホームページはこちら>>
備考
ぷれままサロン佐伯 – 大阪市
診療科目
母乳外来
マッサージ
 
住所 大阪市天王寺区勝山1-1-11-501号室
アクセス JR環状線桃谷駅より、徒歩7 - 8分
・ 地下鉄谷町線四天王寺前夕陽丘 4番出口より、徒歩7?8分
・ 大阪市バス32系統「勝山一」 徒歩3分
・ 近鉄上本町駅より、徒歩15分

電話番号 090-7362-6264
診療時間 月・火・木・金 10:15 - 12:30 土曜は月1回(第3土曜) ※8月土曜はお休みします
  (平日午後と、水・土・日・祝日は緊急時のみ 可能な範囲で対応します)
完全予約制です。
ホームページ
ホームページはこちら>>
備考
Motherゆり助産所 – 大阪市
診療科目
分娩
母乳外来
住所 大阪市生野区巽南3-12-9
アクセス
電話番号 06-6751-2222 
診療時間 外来往診時間 月・火・木・金 9:30〜12:00(完全予約制) ご予約はお電話ください。
休診日 水・土・日(不定休あり)
ホームページ
ホームページはこちら>>
備考
ふなき助産院 – 大阪市
診療科目
分娩
母乳外来
マッサージ
 
住所 大阪市鶴見区鶴見3丁目6−26
アクセス ●地下鉄長堀鶴見緑地線 今福鶴見駅 4番出口 東へ徒歩3分
●市バス 鶴見西口下車 徒歩1分

電話番号 06-6911-1238
診療時間 月〜土  9:00~12:00 13:~17:00
ホームページ
ホームページはこちら>>
備考 【ホームページより抜粋】

乳房マッサージ・乳房のお手入れの指導など乳房の手当を行っています。
当院でお産をしていない方も、母乳についての相談窓口としてお気軽にご相談ください。

助産院ラメール – 大阪市
診療科目
母乳外来
マッサージ
 
出張訪問
往診専門
住所 大阪市北区南森町
アクセス
電話番号 090-3352-2630
診療時間 往診専門
ホームページ
ホームページはこちら>>
備考 【ホームページより抜粋】

定期的に乳房マッサージを受けたい

おっぱいが足りているか不安、母乳の量を増やしたい

おっぱいが出すぎる

赤ちゃんに上手におっぱいを飲ませられない

おっぱい卒業(桶谷式断乳)ってどうするの

乳腺炎など

主なエリアで絞り込む


ホームへ戻る

大阪市内にある、産後ケアができる助産院をご紹介しています。
おっぱいが痛い、母乳が出ない、母乳育児の悩み、など母乳で赤ちゃんを育てるお母様には沢山の悩みや疑問がつきものです。
そのような悩みやトラブル、どこに相談してよいかわかりますか?
産婦人科で出産をしたお母様の多くは、母乳の悩みを助産院がサポートしてくれることを知りません。
すまいるママは助産院の役割をもっと広くお母様に知ってもらうために、母乳育児やおっぱいのトラブル、助産院に関するコラムを書き綴りながら、全国の母乳相談・母乳外来ができる助産院をご紹介しています。

育児お悩みコラム

出産直後から母乳は出ない! これ当たり前!
赤ちゃんを産んだら、絶対100%母乳育児!産まれたわが子を抱いて、その場でおっぱいをあげる。。。

これが夢だったのに、、

まるで母乳が出ない(TT)

子供が産まれたら、母乳って出るものと信じていたのに。

あのですね、、、出産初日から、ジャンジャン母乳が出る人なんていませんよ!

いや、、

たまにはいますが、私の経験上稀なケースです。

出産と同時に、お母さんの体の中では母乳を作るホルモンが分泌されます。

でも、それはお母さんの体が母乳を作れる体制に入っただけで、

実際に赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらわなくては、体は母乳を作る作業に入らないんですよ。

(さらに…)

記事を読む

はじめまして!現在妊娠6ヵ月、3歳男児の母です?

初めまして

現在妊娠中の3歳男児の母、Iです(*´∀`)

日々、仕事に育児に忙しい毎日です。

 

二人目の妊娠を機に、「そういえばこんなことがあったな」という記憶を辿り日記をつけていくことにしました✏

 

初心忘れるべからず

息子を産んでからというもの、「子育ての大変さ」に日々大慌て。

様々な本やウェブサイトを読み漁り…それでも答えが見えず( °_° )!!

 

そもそも「どれが正しいのか」が分からないほど、情報に溢れていました。

 

実体験を元に、少しでも何か感じていただけるものを発信していけたらなと思います???

 

それにしても、「二人目だから余裕❤」にはちっともなりません_(:3」∠)_

 

上の子を育てながら、下の子のお世話をする…

未知の世界です?!!

このお兄ちゃんが、どこまで私を支えてくれるかにかかっています(笑)

 

皆さま、これから宜しくお願いします???✨

 

記事を読む

全てのコラムを見る

赤ちゃんのスキンケアとアレルギー