母乳の悩みコラム

の記事一覧

二人目出産~会陰切開する?しない?~

気づけば娘を産んで早1ヶ月…(๑°ㅁ°๑)‼

あっという間にひと月経ちました。

一人目の時は毎日赤ちゃんと2人きりで向き合い、

慣れない育児に右往左往しながらだったせいか

とても長く感じたひと月。

ところが二人目になると…

お兄ちゃんを起こして、妹に授乳して、保育園に送って、掃除して、授乳して、洗濯して、お昼ご飯食べて、授乳して、少しパソコンで仕事して、お兄ちゃんお迎えいって、授乳して、夕飯作って、お風呂入れて…

私の時間どこーーー!!

1日が早すぎじゃないー???

と発狂しそうなくらい短い1日を過ごし、

気づけばひと月たってました。

ええ。

お宮参りもすっかり忘れておりました。

(娘っこ、ごめんよ。二人目の宿命だ。)

いざ、出産

前回のブログ、「陣痛なのか、胎盤剝離なのか」を

乗り越え、先生から「これは陣痛かな~

前駆じゃないといいね~」と言われながら痛みに

耐えた10時間。

出産された方は分かるかと思うのですが、一分刻みの陣痛が10時間続くとかね…

世の中にこれ以上の痛みってあるの?

って思うくらいしんどい。

陣痛っていっても

「めちゃくちゃ痛い」or「痛い」の波がくる感じなので

「痛い」or「痛くない」の波を期待してた私としては

日頃の行いでも悪かったのかな?

と頭をよぎりましたよね。

いよいよ分娩台へ

子宮口が6cm開いたところで分娩室へ。

陣痛室から分娩室へ移動するんですよ。

徒歩で!!!!

なんで陣痛室で産んじゃいけないんだ!

と一人目の時も思いました。

激痛の中歩くたった5mそこいらの距離が

果てしなく遠く感じる瞬間。

一人目の時はその5mの距離が歩けず

車椅子で移動。

二人目は意地で歩き、分娩台へよじ登りましたよ…

分娩台にのぼる2段の階段が100段くらいに感じたな…

ここから20分くらいで子宮口全開まで開いたので

いざ!出産!

破水から3分くらいでわが子にご対面したわけですが、ふと

「あれ、会陰切開ってし…た?」とよぎる私。

たしか一人目の時、会陰切開する時は「切りますねー!」「はい!」みたいなやり取りがあったはず。

でも今回は聞かれてない。

よく【経産婦さんは産道が柔らかくなってるから】って聞くから、切開せずに済んだのかな?と思い聞いてみると

「あー」

「裂けました!」

裂けました!!!!!????

「あとで縫いますねー」

………。

皆さん経験あると思うのですが、スパッと綺麗に切れた傷口って治るの早いんですよ。

なんか引っ掻いちゃったり、ギザギザの傷口って治りが悪いじゃないですか……

えぇ。

完全に後者のパターンです(´;ω;`)

産む前に「会陰切開して下さい」って

言っておけばよかった…_(:3」∠)_

結論。

皆さん、出産前に「会陰切開して下さい」って

伝えた方が良いですよ!

(切らず、避けず、で産まれるのがベストだけどね)

そんなこんなで無事に終わった出産でした👶!

出産レポート~二人目出産は楽ってホント?~

7月23日に出産予定だったお腹の赤ちゃん👶

早くお外に出たかったのか…

7月6日に産まれましたΣ(°д°ノ)ノ!!

体重も2800グラムあり、一安心😊

 

ですが…

この子を産むまでが壮絶でした_(:3」∠)_…

二人目って楽じゃないの?

第2子を妊娠したとわかった時に、周りの人から「二人目はお産も楽だよ~」と甘いセリフを聞かされまくっていた私。

陣痛から2時間で産まれた!

破水からだったから陣痛がくる間もなく、するんと!

1人産んでるから、2人目は切開なしでいけた!

等など…

 

あれ?これ、陣痛?

午後3時半。

「なんかお腹痛いなぁ」

3時45分

「…ずっと痛いままだなぁ……息子のお迎え、行けないかも…」

3時50分

「無理、お迎え頼んで病院行かなきゃ」

 

ここから、実母に電話し、保育園に電話し、主人に電話し…

事前に登録しておいた陣痛タクシーを呼んで病院へ。

 

この時は「陣痛きた!」とは思えず、「何か違う症状だったらどうしよう…」という感じ。

痛みの波もなく、ただひたすらずっと痛い。

冷や汗まで出てきた…

病院に着くやいなや、陣痛室に通され先生や助産師さんに「陣痛っぽいですか?」と聞かれる👂

(´-`).。oO(それが分からないから病院に来たんだよーーーー!)

痛みで会話もままならず、首を縦に振るか横に振るかでしか返事ができない私。

息子の時は

痛い→痛くない→痛い→痛くない

がきちんとあって、その間隔も10分・8分・6分…と徐々に狭まっていく典型的な陣痛だったので、

「ずっと痛い」=「陣痛じゃない」とばかり思っていました。

胎盤剝離の可能性

 

問診を受けながら、見たこともない太さの注射が取り出されるΣ(●д●)

「ちょっとねー太いんですけどねーさしますねー」

え、いや、その太さ、通常の何倍…うぁーーー痛いーー(#)’3`;;)・;’.、グハッ

その時には何でそんなに太い針の注射をさすのか分かりませんでしたが、あとから聞いたら

「陣痛かどうか判断がつきにくく、もし痛みの原因が胎盤剝離だったら母子ともに危なくなってしまうので緊急帝王切開ができるようにあの注射をしました」

と言われました…

 

こ、こわい|壁|lll´Д`)))ブルブルブル

そんな理由があったとは…

 

こんな感じで幕を開けた今回の出産。

まだまだ続きます⊂(‘ω’⊂ )))Σ≡

三歳の息子が七夕にお願いした内容に朝から涙が…

もうすぐ七夕🎋✩

息子の通う保育園でも七夕飾りの工作が始まったようで✂️

 

去年は先生が切った折り紙にクレヨンで絵を書くくらいだったけど、今年は折り紙を「切る」ことから頑張ってる✂️!

 

この1年でハサミやノリの使い方を覚え、本当に「成長したなぁ」としみじみ思います😊♡

 

そんな中、先生が生徒に「みんなは七夕で何をお願いしますか?」と聞いたら

↓↓↓

「お母さんがけがをしないようにお願いする!」と(´;ω;`)

 

お母ちゃん、朝から涙腺崩壊です(´;ω;`)

優しい子に育ってくれてて嬉しい出来事でした😊❤

 

乳腺炎との戦い~食事編~

前回、乳腺炎になったときに授乳がどんなに過酷なものか書かせてもらいました✏✐✎✍

今回は【食事編】

おっぱいが詰まってしまう原因は「食事」も大きな原因の一つです。

妊娠中は自由に好きなものを食べていた私。

つわり中なんて、お医者さんから「食べれるものを食べましょう」ってアドバイスもらうくらいですからねヾ(●´∇`●)ノ

続きを読む

ホームへ戻る