お悩みコラム

やっぱり母乳育児のほうがいいの?
母乳育児・ミルク育児・混合と、みんなそれぞれでしょうけど、ネットで調べるとやっぱり母乳育児が一番推奨されている感じですよね?
母乳育児も色々大変な事も多いようですが、やはり完全母乳で頑張った方がよいのでしょうか?
そうですね。

まず、人間も哺乳類ですからお母さんのおっぱいで授乳をするということは一番自然な育児だとは思います。
でも人間は動物と違って、体質や色々な生活環境の中で育児をしなければいけないんですよね。

理想を言えば100%母乳での育児が、赤ちゃんのためにもお母さんのためにも一番良いと言われています。

例えば・・・
【赤ちゃんにとって】

  1. お母さんと密着できることで安心感を得られる
  2. 母乳から生きた細胞である免疫細胞がもらえる
  3. アレルギーが予防できる
  4. あごの発達を促す
  5. 乳幼児突然死症候群を予防できる

【お母さんにとって】

  1. 子宮収縮を促し、産後の回復が早くなる
  2. 赤ちゃんとの愛着形成が進む
  3. ミルク代が要らない
  4. マタニティブルーを軽減できる
  5. 乳がん、卵巣がん、子宮がんを予防できる
  6. 産後ダイエットによい
  7. ミルクを作る手間が要らない

のようなメリットはよく言われることです。

でも、100%母乳で育児をしている方は全体の50?60%程度なんですよ。

それはやっぱり、母乳の出が足りなかったり、授乳の回数の多さで寝不足になったりで諦めちゃうんですよね?

う??ん、ハードル高いなぁ。 自信ない。

そうですね。 なんの問題もなく完全母乳でいける方もいれば、確かに大変な努力をして母乳を上げている方もいます。

このホームページは、100%にしろ混合にしろ、ご自分のおっぱいを赤ちゃんにあげたいと考えている方を応援するサイトですが、ミルクを否定して母乳を勧めようというわけではないんです。

さっき書いた母乳のメリットは一般論でしかないんです。
母乳のいいところを書いちゃうと、まるでミルクで育てるととんでもない事になるような考えを与えてしまう危険がありますが、
そもそも今のお母さんたちの世代はとても多くの方がミルクで育っているんですよ。
そう、ひと昔前はミルク育児のほうが進められていた時もあるんです。

母乳で頑張ろうと思われている。あなたもミルクで育った可能性は大です。
そのせいであなたは体が弱かったですか?
お母さんの愛情を感じませんでしたか?
そんなことはないですよね。

ミルクで育った子供だって立派に大人になれるんです。

じゃあ、ミルク育児でも問題はないんでしょうか?
その質問自体が、今までミルク育児は問題があると思われていたということですね(^^;)

現代は、母乳育児のたくさんのメリットを考えて「母乳で育ててみたら?」という考えが広まっています。
でもそれは、昔の母乳が出ていてもミルクのほうがメリットが多いと言われていたような考えからの進化に過ぎないと思うんです。

赤ちゃんは「母乳がいい」 「ミルクが飲みたい」とは決めらないでしょ。
結局お母さんがどうやって育ててあげようか決めるしかないわけで、それは人それぞれだと思うんです。

楽な方に流されてミルク育児・・・みたいな記事もよく目にしますが、ミルク育児だって楽じゃないですよ。

>>関連記事 「えっ、昔はミルク育児?」 はこちら

お店には置いてない
可愛い~モノいろいろ!


前のページへ戻る

ホームへ戻る